名刺用紙販売所:ホーム 名刺印刷方法・・・インクorレーザー?? > 現在のページ

名刺印刷方法、
インクジェットorレーザープリンター??



白の名刺用紙ならホワイト24
白の名刺用紙ならホワイト24をおすすめします。


インクジェットプリンターにおすすめの名刺用紙一覧


レーザー・オンデマンドにおすすめの主な名刺用紙



どっちがいいの?レーザーorインクジェット

最近こんなお電話をいただきました。名刺を自分(自社)で作りたいんだが、チョット悩んでいるのは、写真を入れるなら、インクジェットプリンターで、文字ならレーザープリンターのほうが良い。名刺印刷方法がどっちのほうがいいか?・・・・という非常に難しい?ご質問でした。

多分、印刷機(パーソナル名刺プリンター・カードプリンター・ビジネスカードプリンターなど)の選択は非常に難しいと思います。なぜなら、すべてを満たすプリンターはないからです。ですから、案外答えは、多分、名刺の文字部分はレーザーで印刷して、カラーの写真部分は、インクジェットで印刷が、正しい答えかもしれません。

とにかく、自分で名刺を作る、ご自身が満足できる名刺に近づく最短の方法は、とにかく印刷してみる・・・だろうと思います。印刷設定を色々変えてみる。用紙も色々試してみる最適な印刷方法を考えるとき、忘れてならないのは、名刺用紙です。使いたい用紙にピッタリの名刺印刷方法、お手元のプリンターにピッタリの名刺用紙・・・というわけで、名刺用紙のご紹介です。

インクジェットの長所

インクジェットプリンターは、一般に、写真に関しては非常に印刷品質が優れています。一方で文字の印刷については、少々、弱点があるかもしれません。下のブラックの濃度を落としてみる・・・をご覧ください。

また、名刺印刷用紙の凸凹(デコボコ)も、比較的気にしません。これもインクジェットの優れている点だと思います。これはレーザーにはない、インクジェットの強みです。是非この表面凸凹(エンボス)の用紙で自作をお楽しみください。たとえば、

名刺サイズ:エンボス:たまいし
名刺サイズ:インクジェット専用:エンボス:ホワイト
A4サイズ:マーメイド象牙
A4サイズ:インクジェット専用:エンボスピンク

さらに、ほとんどのインクジェットプリンターは、名刺カードサイズが印刷できます。もっとも、名刺の大きさやカードサイズが印刷できない機種もございます。名刺サイズの用紙(台紙)が、直接印刷できるかどうかの確認はこちら。

名刺サイズの用紙が印刷できるインクジェットプリンターの機種

インクジェットは特厚もOK

また、レーザーやオンデマンド、オフセットなどと比較して、インクジェットプリンターのすごいところは、プリンターがお求めやすい価格、」そしてさらにすごいのは、結構厚い紙の種類まで印刷できるという点です。メーカーのスペックによれば、ほとんどの機種で大体、0.3mm/枚態度の厚みまでは印刷できそうです。(実際はもっと厚くてもOK?・・・でも自己責任でお願いします。

0.3mm(300μ・ミクロン)の厚み(厚さ)、実際に手にとって見ていただければお分かりだと思いますが、結構は紙厚です。名刺を受け取ったときに、思わずオッと感じる厚みです。ただ少々残念なことは、インクジェット専用紙で0.3mmの厚さの紙がナカナカないことです。でも、あきらめないで是非チャレンジしてください。専用紙以外でも、シッカリ印刷されている方はたくさんいらっしゃいます。とにかくテスト印刷。

インクジェットは弱点(短所)は、にじみ

一方で、文字の印字品質はにじみやすいという点は、レーザーに軍配が上がるかも知れません。・・・とすると、インクジェットプリンターの名刺作成上の最大のウィークポイントは、文字の印字品質、にじみ、文字のキレということになると思います。この欠点を、解決は出来ないかもしれませんが、ある程度改善する方法はあります。

インクジェット買い替えも??

一つは、顔料系のインクジェットプリンターに買い換えて、印刷する方法ですが、お金がかかってしまいます。でも、そろそろプリンタの買い替えをお考えの方には、けっこうおすすめできる方法です。もし今後、名刺やはがきなど文字にウェイトを置いた印刷(印字)をお考えなら、検討する価値はあると思います。

つまり、今後、どんなものを印刷するかを考えましょう。もし、デジカメなどで撮影した写真などを中心に印刷したい・・・という方はやはり、染料系のインクジェットのプリンターがおすすめです。一方、比較的文字(テキスト)中心の印刷を考えている・・・という方は、もし、インクジェットプリンターのご購入をお考えであれば、是非、顔料系も件とされることをおすすめいたします。

その際は是非、そのプリンタが、名刺サイズが印刷できるかのご確認もお願いいたします。もし名刺の台紙(カード)が直接印刷できない場合は、A4での面付けの印刷もお考えいただきたいと思います。

ブラックの濃度を落としてみる

2つ目は、まったくお金のかからない方法です。インクジェットプリンターの印刷設定で、ブラックの濃度をチョット落とす(インクの量を少なくする)方法です。インクジェットプリンタは、カラーの写真の印刷品質を重視するために、文字印刷の視点で判断するとインクが出すぎていると思います。

印刷設定、そして、テスト印刷

(プリンタによって設定方法が異なります。)[基本設定]-[色調整]-[マニュアル調整]-[濃度]-[-10%(数値はいろいろ試してください。)]で印刷してみてください。かなり文字の印刷結果が改善するかもしれません。しかも、インクも節約になります。

→名刺サイズ:インクジェット :専用紙以外でも、お使いいただける用紙がございます。 →A4:インクジェット :専用紙以外でも、お使いいただける用紙がございます。

レーザープリンターの長所は、紙の種類を選ばない

一方、レーザープリンターは、写真品質はイマイチのことが多いと思います。また、凸凹(デコボコ)名刺プリント用紙も、上手く印刷できない場合が多いかも知れません。しかし、レーザーのすごいところは、ほとんど紙の種類を選ばない、印刷が早いなど、とても魅力的なプリンターです。肝心の文字の印字品質については、問題なし!の場合が多いと思います。特に、ほとんど用紙を選ばない、つまり、どんな用紙でもOKという点は、レーザープリンターの最大の長所だと思います。

短所(欠点)?レーザーは「原則」、名刺サイズが印刷できない。

ただ、レーザーの場合、紙質は選ばないのですが、プリント用紙の大きさは選びます。レーザープリンターは、名刺サイズ(東京4号・大阪9号)の名刺プリンタ用紙は基本的に印刷できません。もっとも裏技で名刺サイズを印刷している方はおりますが、プリンターのトラブルの原因などにもなりますので、おすすめできません。

・・・といいつつ、どうしてもレーザープリンターで、名刺サイズの用紙に印刷したいという方も、相当数いらっしゃいます。決してプリンターにやさしい方法ではありませんが、あくまで自己責任でトライする方は、チャレンジしてみてください。

プリンターで名刺サイズの用紙に印刷する方法

レーザーは印刷後にカッターで仕上げ

ですから、レーザープリンターの場合は、基本的にA4などで印刷し、印刷後にカットするということになります。大量に名刺を印刷される企業様などの場合は、きりっ子などのシッカリした電動の名刺カッターをおすすめいたします。少量の場合は、当店の手動名刺カッターをおすすめします。

名刺の少量カットなら手動名刺カッター

レーザーやインクジェット以外の方法も

名刺作成は、インクジェットやレーザーをお考えの場合が多いと思いますが、モチロンそれ以外の印刷方法があります。まず、印刷の王道のオフセットです。オフセットの魅力は、やはり、優れた印刷品質です。

オフセットの長所と短所

特に大量の名刺印刷方法としては、もっとも優れているかも知れません。名刺の人数も多い、枚数も多く、面付けで印刷する。または共通部分のみを大量にプレ印刷する方法としては、コストやスピードの面からも最適だと思います。一方で、少ない枚数の印刷方帆としては、コストが高くなりがちで、おすすめ出来ません。また特厚の用紙には、基本的に不向きです。名刺サイズでの印刷は出来ませんので、印刷後カット作業が必須です。

オンデマンドの長所と短所(欠点)

次にオンデマンドです。レーザープリンターの高級機、業務用といえるもので、一般のインクジェットやレーザーに比較して、大量の印刷をより短時間で行うことが出来ます。一方、オフセットに比較すると、多品種少量印刷に向いているといえます。オフセット同様、ハードが高価ですので、印刷業などに限定されます。名刺サイズでの印刷は出来ませんので、印刷後カット作業が必要です。

熱転写プリンター

熱転写プリンターは、名刺専用からA4(A3)サイズ程度まであり、特に名刺専用プリンターは、印字もクッキリ、名刺サイズが直接印刷でき、名刺の文字中心の印刷方法としては、適していると思います。ただし写真などのカラー印刷は決して品質がよくありません。また価格は、オフセットやオンデマンドに比較すると格段に安いものの、一般のレーザープリンターやインクジェットプリンターに比較すると、名刺専用プリンターは、かなり高価です。名刺印刷のロット(量・単位)をお考えの上、ご検討ください。 また、用紙の表面が凸凹の場合、印字品質が低下する場合があります。紙の種類の選定には、まず、表面が平滑がポイントです。

熱転写プリンターは特厚に強い

熱転写プリンターの特徴の一つは、特厚(並口)の名刺用紙の印刷可能!です。個人的には、熱転写の名刺プリンターでの、文字中心の名刺印刷が大好きなのですが、皆さんに、これからのご購入は、あまりお勧めいたしません。数年後に熱転写プリンターが販売されているか?メンテナンスは大丈夫かなど・・・私には確信が持てません。

名刺は活版に限る???

最後は活版です。以前は名刺印刷といえば活版でした。活版の文字の力強さは絶品で、今でもそのファンは、おられますが、現実に活版の名刺印刷は、本当に少なく、決して現在では一般的とは言えません。もしお近くに活版の名刺印刷屋さんがありましたら、一度名刺を依頼されるのもいいかも知れません。何しろドンドン少なくなっています。インクの香りと並口(特厚)の用紙をお楽しみください。モチロン文字中心で!用紙は迷わず並口(特厚)!

手動名刺カッター

少人数の企業様や事務所、個人の方には、手動名刺カッターがいいかも知れません。普通(用紙の端まで印刷しない)の名刺の場合は、MC-5591-10、MC-410を、名刺の端っこまで印刷の場合は、MC- 5591-08をおすすめします。モチロン、レーザーに限らず、インクジェットプリンターで印刷の場合も、MC-5591-10、MC-410、MC- 5591-08を是非オタメシください。ただし手動はあくまで少量カットに限定されます。大量の場合は、きりっ子などの電動名刺カッターをお勧めいたします。

手動名刺カッター:10面付
カットが楽、おすすめ
手動名刺カッター:MC410

手動名刺カッター:10面用
10面付け、一あわせが簡単
手動名刺カッター:5591-10

手動名刺カッター:8面付
8面付け、全面印刷対応
手動名刺カッター:5591-08

肩書き変更が簡単

ご自分(御社)で名刺を作成すれば、コストはモチロンですが、それ以上に、今、使いたい名刺がすぐ出来ます。きっと仕事の現場で今日は「営業課長」で、明日は「ディレクター」で、あさっては「プランナー」の名刺があればもっと商談も上手くいく!・・・との経験があると思います。

ビジネスシーンにピッタリの名刺

ビジネスの名刺は、ビジネスのシーンにピッタリでこそ、その役目を果たすことが出来ます。この商談の名刺としては、この名刺はちょっとずれてると思われた経験も、多々あるかと思います。その時々にピッタリの名刺・・・を、ぜひご自分(御社)で、おつくりいただきたいと思います。

名刺が活躍、仕事も成果

お手持ちの、インクジェットプリンター、レーザープリンター、複合機(コピー機)を活用して、必要なら手動名刺カッターもお役に立てていただき、普段は「営業課長」、あるときは「ディレクター」、そしてまたあるときは「プランナー」として、名刺も活躍させていただき、お仕事の結果も出していただきたいと思います。

でも、いろいろ問題は起こります

名刺の印刷機(プリンター)、インクジェットも万能でもありません。レーザーが完璧でもありません。たとえば、インクジェットの対応紙、印刷設定が同じなのに、前回はにじまなかったのに、今回はにじんでしまう。まれにこんなご連絡をいただくことがあります。同じ商品なのですが・・・。

いろいろ研究して、少しずつ前進

印刷機(プリンター)も用紙も、本当に難しいと思います。その時々の微妙な条件が違うのかも知れません。何事も完全はないのかもしれません。少しずつデータを積み上げて、経験をつんで、うまくいくようになるのだと思います。プロの名刺屋さんが、上手に名刺を印刷、作成できるのは当たり前です。ご自分で作成、印刷が思ったようにいかないこともあるかもしれませんが、当然でもあります。

使える&カッコイイ 名刺の作成方法

がんばって、プロのレベルに近づきましょう

でも、一歩一歩、前に進んでいただきたいと思います。お手元のインクジェットもレーザーも、是非、活躍させてください。きっと、一定レベルの名刺が出来るようになります。そこからはドンドン、プロのレベルに近づいていきます。そこまでくればしめたもの。お手持ちのプリンターと名刺用紙で、びっくりするような費用(価格)で、あなた(御社)にピッタリの名刺を手にすることが出来るのですから。コツは名刺作成&印刷を、楽しむことかも知れません。

いざというときにあれば重宝、セカンド名刺
長い住所のレイアウトをスッキリ!スマートにキメル!
名刺に最適な文字の大きさと太さについて考える


インクジェットプリンターにおすすめの名刺サイズの名刺用紙
ホワイト22
インクジェット
対応紙:価格お得
ホワイト22
クリーム21
インクジェット
対応紙:価格お得
クリーム21
インクジェット:2001
インクジェット
専用紙
ホワイト2001
インクジェット専用:和紙風:てんれい
インクジェット
専用紙
和紙風:てんれい
名刺サイズが印刷できるインクジェットプリンターで、お楽しみください。専用紙はインクジェットプリンター以外ではお使いいただません。対応紙は、インクジェット以外のレーザー、オンデマンド、熱転写、オフセット、活版などでお使いいただけます。


リンク4 レーザー・オンデマンド・活版・熱転写などにおすすめのの名刺用紙
A4:ホワイト24
レーザー&
インクジェット
チョット厚め
A4:ホワイト24
A4:インクジェット専用紙
インクジェット専用
スッキリホワイト
おすすめ
A4:ホワイト240
名刺サイズ:特厚
レーザーなど
名刺用紙:特厚
名刺は厚さで勝負
特厚:特A
名刺サイズ:ホワイトの定番
レーザー&
インクジェット
真っ白&平滑
ホワイト24
レーザー等は、オンデマンド、オフセット、熱転写、活版などでお使いいただけます。ホワイト22は、インクジェットプリンターでもOK!業務用でお使いのお客様にも、品質&価格でおすすめいたします。





おすすめのホワイトの名刺用紙
インクジェットやレーザー、オンデマンド、オフセット、
活版、熱転写などにも、おすすめのホワイトの用紙です。
滑らかな表面、真っ白、しっかりした厚みとコシ、
0.24mm。優しい、上品な名刺作成にどうぞ
おすすめのホワイトの名刺用紙:名刺サイズ
おすすめのホワイトの名刺用紙:A4サイズ


名刺用紙の種類をご紹介
 名刺用紙のおすすめ(定番)はコレ!
名刺の作り方・自分で名刺作成
 フリーランス・自営業・自由業の名刺作成
 もう一枚の名刺、セカンド名刺を作ろう!
名刺レイアウト:バリエーション編
 名刺レイアウト:基本編
 名刺に最適の文字書体(フォント)と大きさ(サイズ)
名刺印刷・・・インクジェットorレーザープリンター??・・・現在のページ
 名刺サイズの用紙が直接印刷できるインクジェットプリンターの機種
 プリンターで名刺サイズの用紙に印刷する方法
 複合機(コピー機)で、名刺印刷&作成
 活版印刷で名刺を作ってみよう!
名刺サイズ(大きさ・寸法)一覧
手動名刺カッターで簡単仕上げ




About the owner

伊藤 弘


名刺用紙はご自分(御社)でデザイン・印刷・作成出来ます。作り方は簡単、ちょっと面倒?でも頑張れば超お得!スマートな格調ある名刺作成成功のポイントは、紙の種類(紙質)です。

今まで自分でデザインや作成(自作)してきたけど、デザインは完璧なのに、いざ完成してみると、ナカナカ上手くいかなかった・・・そんな時こそ用紙ご注文サイト、名刺用紙専門店(ショッププロ)の当店にご注文ください。

多くの名刺屋さん、印刷会社、デザイン事務所、代理店などのプロの方からの業務用ご注文にもお応えするショップ。当店の多彩な種類の用紙で、自信をもってお出しできる!売れる!作品を作成して下さい。このサイトは伊藤デザイン事務所が運営しています。

お支払い方法:
クレジット・銀行振込・佐川急便代引・郵貯振替(商品代金500円以下)

Blog

Mobile